各部門案内

検査をお受けになられる皆様へ

大船中央病院検査科は、検査を受けられる方の立場に立ち、よりよい環境づくりを目指し、
迅速に正確な検査結果をご提供できるよう努めています。

検査科の業務と構成

検査科は外来採血を行う採血室、血液や尿などの検体の成分を分析する検体検査室、
電極や探触子を体に直接あてて生体内の情報を波形や画像にする生理検査室
が所属しています。各検査の簡単な内容をご紹介させていただきます。

採血室のご案内

採血について
  当院の外来採血は国家資格を持つ臨床検査技師が行っています。
  安全に間違いなく採血を行うため姓名を確認しますのでご了承下さい。

  また、以下に該当する方は採血時にお申し出下さい。
   ・採血時に気分が悪くなる
   ・アルコール消毒に弱い
   ・手袋(ラテックス)にアレルギーがある
   ・血液透析中
   ・乳房切除後(腋窩リンパ節郭清)
   ・抗凝固剤を服薬中

   採血によるトラブルの原因と対処法をご案内いたします。

◇ 皮下血腫
穿刺後の不十分な圧迫が主な原因です。
十分な圧迫止血をお願い致します。
慢性肝障害にともなう血小板減少を指摘されている方や抗凝固剤服薬中など 出血しやすい方は5分以上、採血部位をやや強めに指で押さえて確実に止血して下さい。

◇ アレルギー
採血時の消毒薬やスタッフの手袋(ラテックス)などで かゆみ、発疹を初めとするアレルギー症状が出現することがあります。
アルコールやラテックスアレルギーがある方は予めお申し出下さい。

◇ しびれ
採血後に手指へ拡がる痛みやしびれなどは、 血管近くを走行する神経を穿刺したことにより生じます。
採血時に神経穿刺を完全に回避することは困難ですが、 多くは2~3週間で改善するとされています。
(まれに回復に2~3ヶ月程度要する場合があります。 )

◇ 意識消失
神経が興奮し、急激に血圧が下がることにより、 意識消失、めまい、気分不快感などをひきおこします。
心理的に緊張、不安が強いと起こりやすいとされ、採血前にも起こることもあります。
採血時にご気分の悪くなられる方は予めお申し出下さい。
診察台に仰向けの状態で採血をさせていただきます。

採血手順のご案内

①採血室受付に受診ファイルを提出いただき受付登録したうえで整理券をお渡しします。
(整理券は採血時必要になりますので破ったり失くしたりしないようお願い致します。)

整理券

②採血室正面の大きなモニターに現在、採血をしている方の整理番号とお呼びした際、 いらっしゃらなかった方の番号が表示されます。
お持ちの整理券番号とモニター表示の現在行われている方の番号を比較して、採血までの時間が かかりそうな場合は、レントゲンや生理検査がある方は先に他検査に回っていただいて構いません。
他検査に行かれている間に採血呼び出しがあった場合、モニタにお呼びしていらっしゃらなかった方の 番号が表示されますので、該当する方は採血受付にお申し出下されば優先的に採血にお呼び致します。

採血台モニター


③採血台モニタに番号が表示され、採血を行っている臨床検査技師が整理券番号でお呼び致します。

④整理券を採血を行う臨床検査技師にお渡しください。

⑤整理券のバーコードから認証を行います。

④医師の依頼した検査項目に合わせた採血管の採血を行います。

⑤採血が終了してから5分前後、アルコール綿で圧迫止血していただきます。

⑥アルコール綿をはずし、お渡しした絆創膏をお張り下さい。

採尿について

①採血室受付に受診ファイルを提出いただき受付登録したうえで採尿カップをお渡しします。

②採尿トイレにて尿を採尿カップにとり、採尿トイレ窓口に採尿カップを提出して下さい。

採尿トイレ
 

呼気テスト

30分ほどかかります。

①呼気を採取します。

②検査薬を水で飲んでいただきます。

③左側臥位の姿勢で5分間待ちます。

④坐位で15分間待ちます。

⑤再び呼気を採取します。 

出血時間

①耳朶をランセットで穿刺します。

②出血が止まる時間を計ります。

検体検査室のご案内

検体検査室では受診された方々には普段あまり目にされることがない検査機器が並び、 採血室で採取させていただいた血液や尿など から幾つもの項目を分析しています。
検体検査室では迅速な検査結果が必要な検査項目を院内で行い、効率化と高い精度を常に意識した 業務体制づくりを行っています。
ここでは検体検査室で検査している項目と機器の簡単なご案内をさせていただきます。

システム

SysmexCNA 検体検査システム
SysmexCNA 細菌検査システム
Ortho BTD 輸血管理システム
Technomedica採血管準備システム

凝固線溶系装置

セキスイメディカル CP3000
測定項目 PT、APTT、D-ダイマー、フィブリノーゲン、FDP

生化学分析装置

日本電子 BM6050、BM6010
測定項目 LDH、AST、ALP、ALP、γGTP、CK、AMY、BUN、UA、CRE、Ca、IP、TG、T-CHO、HDL、LDL、 T-Bil、TP、ALB、CRP、U-ALB、U-CRE、CHE、D-Bil、Glu、CRP、フェリチン、エタノール、RPR、重炭酸塩

免疫学的分析装置

アボット アーキテクトi1000SR ×2
測定項目 CEA、AFP、CA15-3、CA19-9、PSA、TSH、F-T3、F-T4、 HCVAb、HBsAg、TPHA、テオフィリン、バルプロ酸、バンコマイシン、フェニトイン、フェノバルビタール

血球数算定装置

SYSMEX XT1800i、KX21N
測定項目 白血球数、赤血球数、血小板数、ヘモグロビン、ヘマトクリット、白血球5分画

尿中有形成分分析装置

SYSMEX UF1000i
測定項目 尿中白血球数、尿中赤血球数、尿中上皮細胞数、尿中細菌数、尿中硝子円柱

自動尿定性装置

栄研化学 US3100R
測定項目 比重、反応、ウロビリノーゲン半定量、蛋白半定量、糖半定量、ビリルビン半定量、 ケトン体半定量、潜血反応、白血球、亜硝酸塩、色調、濁度

ヘモグロビンA1C測定装置

東ソ- G9
測定項目 HbA1c

自動輸血検査装置

ORTHO Orthovision
測定項目 不規則性抗体、交差試験(主試験)、血液型(表裏)

血液ガス分析装置

Radiometer ABL80 2台
測定項目 血液ガス

免疫測定装置

Radiometer AQT90 FLEX 2台
測定項目 トロボニンT、CK-MB、NT-pro BNP



 

生理検査室のご案内

生理検査は電極や探触子を直接からだにあてることにより、からだの中の情報が得られる検査です。
被爆は一切なく痛みや苦痛なども基本的にはありませんので安心して検査をお受け下さい。

システム

フクダ電子 生理検査システム
YOKOGAWA PACS、RIS 

心電図検査 フクダ電子 FCP8600 3台、FCP8321 2台
食事制限なし
検査時間約3分

仰臥位の安静な状態で、両手足と胸部に電極を計10個つけ12パターンの 方向から感知した電位を波形にする検査です。検査は両手首足首と胸部をだしていただき検査を行います。この検査は、心疾患のスクリーニング検査として行なわれており不整脈や 伝導障害、心筋梗塞の診断に有用です。


マスター負荷心電図検査 フクダ電子 FCP8600
食事制限なし
検査時間約15分

踏台昇降を行い心臓に負荷をかけたあとに心電図を記録し、その変化を安静時の心電図と比較します。昇降の早さは年齢、性別、体重に より決められます。虚血性心疾患などの診断に有用です。


ホルター心電図検査 フクダ電子 FM-180S&SCM8000 4台
食事制限なし
検査時間約24時間(取付15分)

5個の心電図電極をつけて小型の心電図記録装置で24時間連続記録を行い 不整脈や虚血性変化の検出を行います。通常の心電図では記録時間が短いため検出されない異常も検出できることがあります。記録中はシャワー、入浴、電気毛布の 使用が不可となりますが、他普段どおりに行動していただけます。翌日、取り付け同時刻に取り外します。


24時間血圧検査 フクダ電子 FM200 2台
食事制限なし
検査時間約24時間(取付30分)

血圧測定を昼間30分おき、夜間1時間おきに測定します。
血圧の日内変動をみる検査です。検査前の食事制限は特にありませんが、お風呂、シャワー、電気毛布は不可 となります。翌日、取り付け同時刻に取り外します。


トレッドミル負荷心電図検査 フクダ電子 ML-9000&MA2700
食事制限なし
検査時間約30分

トレッドミル(ベルトコンベアの上を早足で歩く)を行い心電図を記録する検査です。この検査は心電図電極とカフをつけた状態でトレッドミルを行い、心電図波形の変化と 血圧の変化をリアルタイムで監査し心電図波形の変化をみる検査です。狭心症などのスクリーニング検査として用いられます。


基本肺機能検査(肺活量(VC)+努力性肺活量(FVC))フクダ電子 SP-770COPD、SP370COPD
食事制限なし
検査時間約10〜20分

肺活量や1秒間の呼出量および勢いなどを測定する検査です。
被検者の努力により値が変わりますので、検者は少し大きな声で検査をすすめますのでご了承下さい。


肺拡散能(DLco)、機能的残気量(FRC)フクダ電子 SP-770COPD、SP370COPD
食事制限なし
検査時間約10〜20分

肺拡散能はガス交換機能の評価、機能的残気量は胸の空気を全て吐き出した状態の残っている空気の量を調べます。


FeNo 一酸化窒素ガス分析装置 NIOX VERO
食事制限なし
検査時間約5〜10分

気管支喘息の管理指標となる呼気一酸化窒素濃度(FeNO:Fractional exhaled nitric oxide)を測定します。


聴力検査(気導聴力、標準純音聴力、語音聴力、チンパノ)モリタ SD50D&SI501、リオン AA79S
食事制限なし
検査時間約10〜30分

低い音から高い音がどの程度聞こえるかや言葉の聞き取り、鼓膜圧を評価します。


脳波検査 日本光電 EEG1100
食事制限なし
検査時間約40〜60分

検査前日または当日に洗髪し整髪料の使用は避けて下さい。
整髪料などを使用されると頭皮と電極の間での抵抗値が高くなり波形に影響がでることがあります。この検査は頭に21個の電極をつけ多方向からの脳電位を測定します。測定中は基本的には目を閉じていただきますが途中、目を開閉したり早い深呼吸を行なったりしていただきます。


血圧脈波検査  フクダ電子 vasaraVS-3000E
食事制限なし
検査時間約10〜20分

 四肢に血圧測定のカフを巻き四肢に血圧測定と同様の圧がかかります。
血圧と心電図と心音を同時に測定し動脈硬化の指標値を算出する検査です。
また上腕や下肢動脈の高度狭窄もこの検査で予想が可能です。


超音波検査

東芝メディカル aplio400、aplio300、aplio MX 2台、Viamo、日立アロカ ARIETTA70 3台、Avius 2台、Noblus、ARIETTA60 1台
医用超音波の出力は人体への影響はないとされています。
検査範囲は、医師の依頼により決められます。

 ◇ 腹部領域(超音波)
食事制限あり 一部尿貯めあり
検査時間約5〜30分

検査が午前中であれば朝食を禁食し、午後であれば早目に朝食は摂られて昼食を禁食 してください。理想は食後6時間以上経過した状態であり、食事の影響により胆嚢、膵臓の評価が困難となります。下腹部、泌尿器領域の場合尿貯めが必要となります。

 ◇ 血管領域(超音波)
食事制限なし
検査時間約5〜40分

血栓やプラークなどによる血管のつまりや、静脈弁の不全による逆流などを評価します。

 ◇ 体表臓器領域(超音波)
食事制限なし
検査時間約5〜30分

甲状腺、耳下腺、顎下腺、乳腺、表在腫瘤などの検査です。
腫瘤の存在や大きさ形状などの評価を行います。

 ◇ 心臓(超音波)
食事制限なし
検査時間約0〜30分

心臓の動きや弁の開閉をリアルタイムで評価します。
先天性疾患、弁膜症(心臓の弁がしっかりと開閉しているか)、心室の壁運動を評価します。

個人情報保護方針サイトマップご意見・お問い合わせ
ページのトップへ