平成28年度 大船中央病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 3 33 65 125 320 376 882 1323 1255 336
平成28年(2016年4月1日~2017年3月31日)に退院された患者さんが対象です。
当院の入院患者さんは、60歳以上の占める割合が全体の80.4%、70歳以上が61.9%、80歳以上が33.8%と、比較的ご高齢の患者さんが多くを占めています。比較的若い世代である40歳代以下は11.6%です。 年代別の主な疾患は、40歳代以下ではクローン病、潰瘍性大腸炎、急性虫垂炎、乳房の悪性新生物などであり、60歳以上では乳房の悪性新生物、大腸の良性新生物、大腸の悪性新生物、クローン病、80歳以上は老人性白内障、誤嚥性肺炎、肺の悪性新生物、尿路感染症などです。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 54 24.85 21.25 1.85 86.94
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 54 16.78 12.43 0.00 84.26
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 42 22.69 17.95 4.76 83.55
170020xxxxxx0x 精神作用物質使用による精神および行動の障害 副傷病なし 31 1.29 2.60 0.00 34.61
100380xxxxxxxx 体液量減少症 30 11.50 9.33 0.00 84.87
当院における内科診療の特徴は、まず専門分野にとらわれずに、患者さんの診療にあたることができることです。患者さんからの病歴・身体診察所見に応じて適切な検査を行い、診断・重症度など総合的に対処致します。28年度の入院状況に関しては、誤嚥性肺炎、尿路感染症に伴う入院が多くなっております。
呼吸器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 38 4.97 3.68 0.00 72.58
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 18 15.11 19.92 0.00 72.00
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 15 17.33 12.35 0.00 70.87
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 15 28.20 21.25 0.00 79.13
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 14 13.07 12.73 0.00 70.64
呼吸器内科と呼吸器外科の専門医が一体となって呼吸器疾患(肺がん、肺炎、間質性肺疾患、ぜんそく、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、気胸および胸膜疾患、急性呼吸不全や急性呼吸促迫症候群など)の診断と治療を行っています。28年度の入院状況に関しては、肺がん、間質性肺炎に伴う入院が多くなっております。肺がん治療については、呼吸器内科、呼吸器外科、放射線科における放射線治療の医師が密に連携して、患者さん一人ひとりに最も適切な治療をご提案しています。
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 44 9.86 11.06 0.00 74.95
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 38 8.34 7.89 0.00 75.55
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 34 8.29 9.02 0.00 76.88
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 29 8.72 7.44 0.00 65.97
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 26 13.81 9.08 0.00 73.50
28年度の入院状況に関して最も多いのは、総胆管結石、胆のう結石、胆道狭窄などの胆道疾患です。内視鏡を用いて胆道の出口を切開し、結石を除去する治療等(ERCP関連手術)を行っています。その他、当院ではIBD(炎症性腸疾患)に対する治療や小腸疾患の治療(バルーン内視鏡、カプセル内視鏡)、消化管止血術をはじめ、EMR(内視鏡的粘膜切除術)、ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)等緊急対応も含め積極的に行っています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 132 7.07 6.59 0.00 57.48
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2なし 35 13.37 10.30 0.00 57.09
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 副傷病なし 31 3.81 4.48 0.00 61.00
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 副傷病なし 27 4.00 4.41 0.00 78.26
060040xx99x4xx 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 25 3.04 4.42 0.00 63.60
28年度の入院状況に関して最も多いのは、乳がんに関する疾患です。乳がんの診療において本邦では最も早い時期(1983年)から、広い適応基準による放射線照射を併用した乳房温存療法を行っており、現在まで5,000例以上を治療し良い成績を国内外に報告しています。また、結腸がん、胃がんをはじめとした消化器がんに対する治療も多く行っておりガイドラインによる標準的な治療の他、機能を温存する手術や腹腔鏡・胸腔鏡手術等、身体に優しい治療から徹底的な拡大手術まであらゆる手術に対応しております。乳腺外科、消化器外科含め化学療法、放射線科における放射線治療もあわせて、がんに対する総合的な治療が可能な体制をとっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 51 39.88 27.63 15.69 81.90
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 40 24.75 20.57 0.00 81.43
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2なし 26 35.77 20.45 7.69 84.58
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 19 5.53 5.49 0.00 66.32
160850xx97xx0x 足関節・足部の骨折、脱臼 その他の手術あり 副傷病なし 14 13.36 9.86 0.00 52.79
28年度の入院状況に関して最も多いのは、高齢者の転倒などによって引き起こされる大腿骨近位部骨折に関する疾患です。手術からリハビリまで一貫して当院で行うため、平均在院日数が全国平均より若干長くなっています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり片眼 18 3.17 9.15 0.00 76.89
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 9 5.33 10.53 0.00 69.44
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2なし片眼 6 4.50 8.27 0.00 63.17
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 5 3.40 2.91 0.00 67.60
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 5 4.60 7.72 0.00 58.40
眼科において最も多い入院症例は白内障に対する手術を受ける患者さんですが、白内障に対する手術は「短期滞在手術等基本料」の対象となるため、本集計の対象外となります。白内障手術件数は手術の項目をご覧ください。その他、緑内障・網膜硝子体疾患(糖尿病性網膜症など)についても幅広く診療を行っております。
放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx99x20x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 73 9.14 17.92 0.00 74.82
040040xx9902xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 60 6.73 24.87 0.00 77.30
010010xx99030x 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 5 2.40 9.60 0.00 62.40
110080xx9902xx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 5 8.00 26.25 0.00 72.80
180050xx99xxxx その他の悪性腫瘍 手術なし 3 15.33 15.45 0.00 75.00
当院の放射線治療センターは放射線治療装置2台に加え、小線源装置も配備しておりとても充実しております。DPC症例の上位2項目の肝臓・肺への放射線治療は主に体幹部定位放射線治療(SRT)を実施しております。これは腫瘍に対して高精度にピンポイント照射を行う治療法であり、腫瘍に絞って高線量を照射することにより良好な治療成績と少ない副作用を特徴とします。当院ではこの体幹部定位放射線治療を積極的に実施しており、多くの学術論文も報告しております。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 37 8.51 7.44 0.00 77.03
110420xx97xx0x 水腎症(その他) その他の手術あり 副傷病なし 27 3.11 5.33 0.00 71.30
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患 その他の手術あり 副傷病なし 21 4.62 7.08 0.00 72.67
11022xxx03xxxx 男性生殖器疾患 精索静脈瘤手術等 20 3.00 3.32 0.00 37.40
110080xx9906xx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等26あり 19 4.00 4.27 0.00 72.74
泌尿器科で最も多い入院症例は膀胱がんに対する手術目的の入院です。その他、水腎症や男性生殖器疾患についても幅広く診療を行っております。また、2009年からは体外衝撃波結石破砕装置を導入し、尿路結石治療を積極的に行っております。さらに、2011年末より前立腺がんに対する小線源療法を導入した為、早期前立腺がんの患者さんに負担のかからない治療ができるようになりました。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 35 7 14 17 19 6 1 7
大腸癌 8 17 68 59 30 27 1 7
乳癌 86 122 22 8 11 30 1 7
肺癌 30 19 14 34 49 9 1 7
肝癌 24 5 3 1 14 60 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大がんと呼ばれる胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんの患者さんの数を、初発の UICC 病期分類別、および再発に分けて集計しています。
病期(Stage)は、がんの大きさや広がり、リンパ節への転移の有無、他の臓器への転移により、がんがどのくらい進行しているか、進行度合いを0からⅣの病期(Stage)で表すものです。Ⅳが最も進んだがんを表します。(この集計ではStage 0は集計対象外としています) 胃癌では早期のがんが多く、内視鏡による治療も比較的多くあります。StageⅡ~Ⅳの進行がんも多く、内視鏡治療、腹腔鏡下・胸腔鏡および開腹手術、抗がん剤治療、放射線治療などを患者さんの状態にあわせ治療を行なっています。なお、診断のための検査入院の患者さんも集計に含まれていることから不明の症例も存在しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 12 7.67 49.25
中等症 77 15.43 79.84
重症 27 19.04 88.48
超重症 13 28.85 85.08
不明 0 0.00 0.00
 「中等症」の患者さんが最も多いですが、「中等症」以上の患者さんの平均年齢は70歳代後半から80歳を超え、高齢者の方ほど重症化しやすいことが推定されます。また、長期入院に伴う廃用性の筋力・体力低下を防ぐため、なるべく早期のリハビリテーションの導入を心掛けてます。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 3 2.00 70.00 0.00
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - 0 0.00 0.00 0.00
I63$ 脳梗塞 3日以内 20 36.65 76.40 5.13
その他 19 21.63 75.53 2.56
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 1 12.00 69.00 0.00
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - 0 0.00 0.00 0.00
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - 0 0.00 0.00 0.00
I679 脳血管疾患,詳細不明 - 0 0.000 0.00 0.00
脳卒中の患者さんはご高齢の方が多い傾向があります。脳梗塞発症3日以内は発症から早急に治療を開始し早期の社会復帰ができるよう努めております。
当院には脳神経外科の常勤医が少ないため、急性期の治療については転院にて加療していただく場合があります。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
呼吸器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 14 6.21 5.14 7.14 35.36
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 7 2.29 10.86 0.00 69.57
K502 縦隔腫瘍、胸腺摘出術 4 1.75 8.75 0.00 62.75
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他) 3 2.00 21.00 0.00 69.67
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 3 2.00 7.00 0.00 74.67
最も多い胸腔鏡下肺切除術は気胸に対して行う手術です。気胸に対する処置として胸腔ドレーンを挿入し胸腔に溜まった空気を排出するものがありますが、それらでも改善が認められない場合や再発性の気胸の場合には外科的手術が選択されます。当院では主に気胸や肺癌に対しての手術を実施しておりますが、患者さんへの負担が少ない胸腔鏡を用いた手術を積極的に施行しております。
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 347 0.04 1.04 0.00 66.07
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 39 4.15 4.15 0.00 79.28
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 32 1.00 1.00 0.00 76.75
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 31 0.00 0.00 0.00 64.58
K735-2 小腸・結腸狭窄部拡張術(内視鏡) 22 1.36 1.36 0.00 47.41
大腸ポリープに対する内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)(EMR)が上位を占めています。その他、早期の胃がんや大腸がんに対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)や胃十二指腸潰瘍、食道静脈瘤出血、小腸出血などに対する止血治療、炎症性腸疾患(主にクローン病)などの狭窄にバルーン拡張術も行っております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 157 1.06 5.22 0.00 57.61
K476-31 動脈(皮)・筋(皮)弁を用いた乳房再建術(乳房切除後)(一次的) 38 1.00 15.79 0.00 51.05
K6335 鼠径ヘルニア手術 32 1.25 3.97 0.00 62.75
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 28 1.64 6.14 0.00 59.64
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 22 1.00 10.23 0.00 60.23
乳がんに対する乳房部分切除術及び乳房再建術が上位を占めております。当院では乳房切除術施行時に乳房再建を併せて行うことが可能である為、同時再建を希望される患者さんが増加しております。また、消化器外科領域の手術は鼡径ヘルニア・胆嚢摘出術が続いておりますが、現在は消化器外科医の人数も増え、大腸がんや胃がんに対する手術件数も増加傾向にあります。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 43 3.42 36.37 16.28 79.37
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 40 2.28 14.78 0.00 66.15
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 27 6.63 28.56 7.41 81.96
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 20 1.55 20.30 0.00 67.50
K0731 関節内骨折観血的手術(肩,股,膝,肘) 14 1.93 12.64 0.00 70.29
整形外科における手術に関しては、大腿骨や股関節の手術を主として、様々な骨折などの疾患に対して手術を行っております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 670 0.02 1.04 0.00 76.93
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 23 1.35 2.78 0.00 67.26
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 15 0.40 1.47 0.00 77.67
K278 硝子体注入・吸引術 5 0.00 3.80 0.00 73.20
K2684 緑内障手術(緑内障治療用インプラント挿入術)(プレートなし) 4 0.75 2.00 0.00 77.75
眼科の手術で最も多いのは、高齢者の方に多い白内障の治療のため、水晶体の代わりに【眼内レンズ】と呼ばれる人工のレンズを挿入する「水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの)」です。基本的に1泊2日の入院で手術を行っています。
近隣の病院からの紹介も多く、レーザ治療を含む緑内障手術、網膜剥離手術、硝子体手術にも対応しております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 50 0.00 1.02 0.00 59.16
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) 39 0.97 6.49 0.00 77.13
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 34 1.18 2.12 2.94 73.91
K834 精索静脈瘤手術 20 1.00 1.00 0.00 37.40
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) 13 0.92 7.08 0.00 76.85
泌尿器科では、体外衝撃波腎・尿管結石破砕術の対象である上部尿路結石に対する治療を積極的に行っております。また、膀胱がんに対しする経尿道的膀胱悪性腫瘍手術や精索静脈瘤手術、経尿道的前立腺手術といった男性生殖器を扱った治療も行っております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0.00
異なる 8 0.17
180010 敗血症 同一 6 0.13
異なる 13 0.28
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00
異なる 0 0.00
180040 手術・処置等の合併症 同一 42 0.89
異なる 7 0.15
当院は、手術や処置などを行う際には合併症を起こさないように細心の注意を払い施行しています。起こり得る合併症については、事前に可能な限り患者さんに説明した上で、手術や処置の施行に同意をいただくよう努めています。
更新履歴
2017/09/30