診療科のご案内

診療科に関する情報をまとめたコーナーです。

診療科の説明

 この度大船中央病院に病理科が新しく設けられ専任医師(病理医)が勤務することとなりました。病理医は直接患者様を診察することはないので大方の人は病理科・病理医のことを知らないと思います。病理科・病理医について簡単にご説明いたします。
 病理科は簡単に述べると患者様から体の病変部の組織を採取し顕微鏡を使って”病気”を調べる科です。
 私たちの身体は細胞が寄り集まって作られています。細胞の形や並びかたなどを調べて病気の種類(病理診断)、程度、新旧等を明らかにして臨床医に情報として伝えます。臨床医はそれに基づいて治療方針を決めます。
 検査は病変の一部をとって病気の診断をつける”生検”と病変のある臓器をまとめて切除し病変の全体像を調べる”手術検査”があります。それを具体例で説明しますと次のようになります。
 カメラなどの内視鏡で見た胃の病変の一部をとり(胃生検)、胃炎なのか胃癌なのかなどの病理組織診断をつけます。胃炎と胃癌では治療方法が全く異なります。
 胃生検で胃癌と診断され、治療法として手術が選択されると、胃の一部あるいは全体が手術で摘出されます。摘出された胃から癌の部分の組織標本を作って、顕微鏡で胃癌を詳細に調べ、その情報(大きさ、組織型、悪性度や進行度、血管・リンパ管浸潤の有無など)を臨床医へ知らせます。臨床医はその情報をもとに患者さんが今後のどのような経過をたどるかなど予想をたて適切な治療を行います。
 今までもこのような検査は検体を検査センターに出して行われていましたが、今後は大船中央病院で検査が行われます。病理医が常勤していると、手術中に迅速で標本を作製して病気の情報(癌の有無、切除断端の癌の有無やリンパ節転移の有無など)を術者に伝え適切な手術方法が選択されるなど精度の高い治療をすることができるようになります。

担当医師

加藤 洋
加藤 洋

病理診断科部長

個人情報保護方針サイトマップご意見・お問い合わせ
ページのトップへ