令和元年度 大船中央病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0 39 139 139 326 498 715 1250 1183 360
令和元年(2019年4月1日~2020年3月31日)に退院された患者さんが対象です。
当院の入院患者さんは、60歳以上の占める割合が全体の75.5%、70歳以上が60%、80歳以上が33.2%と、比較的ご高齢の患者さんが多くを占めています。比較的若い世代である40歳代以下は13.8%です。 年代別の主な疾患は、40歳代以下では腸炎、クローン病、潰瘍性大腸炎、肺炎などであり、60歳以上では乳房の悪性新生物、大腸の良性新生物、前立腺の悪性腫瘍、結腸の悪性新生物、80歳以上は白内障、誤嚥性肺炎、股関節・大腿近位の骨折、尿路感染症などです。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 70 33.43 20.84 4.29 87.51
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 52 21.38 12.58 0.00 77.46
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 44 32.30 17.71 0.00 87.45
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 30 4.07 5.01 0.00 76.20
170020xxxxxx0x 精神作用物質使用による精神および行動の障害 副傷病なし 30 1.67 2.84 0.00 39.20
当院における内科診療の特徴は、まず専門分野にとらわれずに、患者さんの診療にあたることができます。患者さんからの病歴・身体診察所見に応じて適切な検査を行い、診断・重症度など総合的に対処致します。特定分野に関しては、専門的には循環器内科(高血圧、虚血性心疾患、心不全、不整脈など)、内分泌代謝内科(糖尿病、高脂血症、甲状腺疾患)、腎臓内科(急性・慢性腎不全、腎炎・ネフローゼ症候群)、膠原病((関節リウマチなど)それぞれの専門医が担当することが可能です。また夜間・休日などの救急医療体制においても内科医が診療にあたり適切に対処致します。令和元年度の入院状況に関しては、誤嚥性肺炎、尿路感染症に伴う入院が多くなっております。
呼吸器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 69 4.07 3.34 0.00 72.41
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 33 32.00 20.84 0.00 85.70
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 29 24.97 18.84 0.00 79.28
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 21 13.43 11.51 0.00 67.24
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 20 12.35 9.59 0.00 79.30
呼吸器内科と呼吸器外科の専門医が一体となって呼吸器疾患(肺がん、肺炎、間質性肺疾患、ぜんそく、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、気胸および胸膜疾患、急性呼吸不全や急性呼吸促迫症候群など)の診断と治療を行っています。令和元年度の入院状況に関しては、肺がん、誤嚥性肺炎、間質性肺炎に伴う入院が多くなっております。肺がん治療については、手術療法、薬物療法(抗がん剤、分子標的治療薬、免疫チェックポイント阻害薬など)、放射線療法、緩和療法がありますが、当院ではいずれの治療も可能であり、主治医が中心となり必要な診療科や各種スタッフと密に連携をとりながら、患者さん一人ひとりに治療計画を立てて、最新・最適な治療を提供しています。
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病なし 283 2.22 2.63 0.00 67.22
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 41 96.1 9.79 0.00 77.00
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 37 6.81 7.65 0.00 66.57
060180xx0100xx クローン病等 小腸切除術 悪性腫瘍手術以外の切除術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 36 3.53 8.62 0.00 43.08
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 手術なし 手術・処置等2なし 34 8.62 8.86 0.00 69.91
令和元年度の入院状況に関して最も多いのは、小腸大腸の良性疾患、総胆管結石、胆のう結石、胆道狭窄などの胆道疾患、大腸憩室性疾患、食道、胃、十二指腸、他腸の炎症です。内視鏡を用いて胆道の出口を切開し、結石を除去する治療等(ERCP関連手術)を行っています。その他、当院ではIBD(炎症性腸疾患)に対する治療や小腸疾患の治療(バルーン内視鏡、カプセル内視鏡)、消化管止血術をはじめ、EMR(内視鏡的粘膜切除術)、ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)等緊急対応も含め積極的に行っています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 97 6.55 6.10 0.00 57.88
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 65 4.38 4.85 0.00 67.68
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2なし 59 13.19 10.34 0.00 56.68
090010xx01x3xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等23あり 42 15.17 15.30 0.00 57.76
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 40 9.98 7.13 0.00 70.85
令和元年度の入院状況に関して最も多いのは、乳がんに関する疾患です。当院の乳腺センターは、1980年代から日本で初めて乳房温存療法を開始したパイオニアで、広い適応基準による放射線照射を併用した乳房温存療法を行っております。また、結腸がん、胃がんをはじめとした消化器がんに対する治療も多く行っておりガイドラインによる標準的な治療の他、機能を温存する手術や腹腔鏡・胸腔鏡手術等、身体に優しい治療から徹底的な拡大手術まであらゆる手術に対応しております。乳腺外科、消化器外科含め化学療法、放射線科における放射線治療もあわせて、がんに対する総合的な治療が可能な体制をとっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 89 36.40 25.94 3.37 84.80
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 65 35.09 19.40 1.54 81.92
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 30 37.53 23.56 0.00 77.20
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 27 14.11 5.54 0.00 71.89
160700xx97xx0x 鎖骨・肩甲骨の骨折 手術あり 副傷病なし 22 7.32 5.94 0.00 59.14
令和元年度の入院状況に関して最も多いのは、高齢者の転倒などによって引き起こされる大腿骨近位部骨折に関する疾患です。手術からリハビリまで一貫して当院で行うため、平均在院日数が全国平均より若干長くなっています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 18 2.00 3.10 0.00 70.00
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1なし 副傷病なし - - - - -
090010xx04xxxx 乳房の悪性腫瘍 組織拡張器による再建手術(一連につき) 乳房(再建手術)の場合等 - - - - -
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし - - - - -
090010xx03xxxx 乳房の悪性腫瘍 動脈(皮)弁及び筋(皮)弁を用いた乳房再建術(乳房切除後) 二次的に行うもの - - - - -
形成外科では、手術やけが、加齢で失った形や機能を以前のように戻すことを目標にしております。令和元年度の入院状況に関して最も多いのは、眼瞼下垂に関する疾患です。また乳癌手術後の乳房再建に対してはシリコンインプラント、若しくは自分の組織を使った再建も行っております。尚、患者数10未満は「-(ハイフン)」を入力しています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 14 25.43 16.13 0.00 79.21
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし - - - - -
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - - - -
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病1あり発症前Rankin Scale 0、1又は2 - - - - -
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - - - -
現在当院の脳神経外科は、常勤医1名のため手術治療は行っておりません。軽い脳梗塞や脳出血、外傷などの症状の軽い患者さんは入院治療が可能です。より専門的な検査・治療が必要な場合は、院内の専門医と連携したり、それぞれの疾患について確かな治療実績のある病院を紹介いたします。尚、患者数10未満は「-(ハイフン)」を入力しています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 26 2.08 2.78 0.00 77.38
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり両眼 - - - - -
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 - - - - -
020220xx97xxx1 緑内障 手術あり両眼 - - - - -
020350xx97x0xx 脈絡膜の疾患 手術あり 手術・処置等2なし - - - - -
眼科は白内障患者数が年間650件を超えており、全診療科の中で最も実績が多くなっていますが、一般病棟外入院が多いため本集計の対象外となり、上記表に件数は記載されておりません。その他、緑内障・網膜硝子体疾患(糖尿病性網膜症など)についても幅広く診療を行っておりますがこちらも本集計の対象外となっております。尚、患者数10未満は「-(ハイフン)」を入力しています。
放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx99x2xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 手術・処置等22あり 95 7.88 17.40 0.00 75.55
040040xx9902xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 56 7.14 22.92 0.00 77.21
010010xx99030x 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし - - - - -
070040xx99x2xx 骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。) 手術なし 手術・処置等22あり - - - - -
03001xxx99x2xx 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり - - - - -
当院の放射線治療センターはピンポイント放射線治療と強度変調放射線治療のハイボリュームセンターです。DPC症例の上位2項目の肝臓・肺への放射線治療は主に体幹部定位放射線治療(SRT)を実施しております。これは腫瘍に対して高精度にピンポイント照射を行う治療法であり、腫瘍に絞って高線量を照射することにより良好な治療成績と少ない副作用を特徴とします。当院ではこの体幹部定位放射線治療を積極的に実施しております。尚、患者数10未満は「-(ハイフン)」を入力しています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし 107 3.06 2.49 0.00 70.32
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 33 8.03 7.07 0.00 74.85
110420xx02xx0x 水腎症等 経尿道的尿管ステント留置術等 副傷病なし 32 3.44 4.22 0.00 74.81
11022xxx03xxxx 男性生殖器疾患 精索静脈瘤手術等 27 2.96 3.88 0.00 35.56
110080xx9907xx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等27あり 26 4.08 4.06 0.00 68.35
泌尿器科で最も多い入院症例は前立腺がん、膀胱がんに対する入院です。その他、水腎症や男性生殖器疾患についても幅広く診療を行っております。また、前立腺がんに対する小線源療法を導入している為、早期前立腺がんの患者さんに負担のかからない治療が可能となっております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 28 19 17 31 17 4 1 7,8
大腸癌 14 29 73 62 34 43 1 7
乳癌 100 100 16 8 16 27 1 7
肺癌 22 6 24 57 61 23 1 7
肝癌 14 2 2 17 6 88 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大がんと呼ばれる胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんの患者さんの数を、初発の UICC 病期分類別、および再発に分けて集計しています。
病期(Stage)は、がんの大きさや広がり、リンパ節への転移の有無、他の臓器への転移により、がんがどのくらい進行しているか、進行度合いを0からⅣの病期(Stage)で表すものです。Ⅳが最も進んだがんを表します。(この集計ではStage 0は集計対象外としています) 胃癌では早期のがんが多く、内視鏡による治療も比較的多くあります。StageⅡ~Ⅳの進行がんも多く、内視鏡治療、腹腔鏡下・胸腔鏡および開腹手術、抗がん剤治療、放射線治療などを患者さんの状態にあわせ治療を行なっています。なお、診断のための検査入院の患者さんも集計に含まれていることから不明の症例も存在しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 17 12.06 60.47
中等症 62 15.03 78.66
重症 27 20.04 82.44
超重症 5 24.00 82.60
不明 0 0.00 0.00
「中等症」の患者さんが最も多いですが、「中等症」以上の患者さんの平均年齢は70歳代後半から80歳を超え、高齢者の方ほど重症化しやすいことが推定されます。また、長期入院に伴う廃用性の筋力・体力低下を防ぐため、なるべく早期のリハビリテーションの導入を心掛けてます。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 27 31.44 80.78 0.00
その他 7 29.43 76.29 0.00
脳卒中の患者さんはご高齢の方が多い傾向があります。脳梗塞発症3日以内は発症から早急に治療を開始し早期の社会復帰ができるよう努めております。
また、当院には脳神経外科の常勤医が少ないため、急性期の治療については転院にて加療していただく場合があります。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
呼吸器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K508 気管支狭窄拡張術(気管支鏡) 21 0.71 3.76 0.00 75.00
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 14 4.93 11.50 0.00 66.93
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 10 5.60 5.90 0.00 39.50
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 7 4.29 10.29 0.00 66.57
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他) 5 2.40 7.80 0.00 53.00
当院では主に気胸や肺癌に対しての手術を実施しておりますが、患者さんへの負担が少ない胸腔鏡を用いた手術を積極的に施行しております。
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 271 0.14 1.62 0.00 67.54
K735-2 小腸・結腸狭窄部拡張術(内視鏡) 39 0.67 1.74 0.00 43.08
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 31 4.61 15.00 0.00 79.58
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 29 0.00 1.90 0.00 65.31
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 22 1.00 5.73 0.00 73.82
大腸ポリープに対する内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)(EMR)が上位を占めています。その他、早期の胃がんや大腸がんに対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)や胃十二指腸潰瘍、食道静脈瘤出血、小腸出血などに対する止血治療、炎症性腸疾患(主にクローン病)などの狭窄にバルーン拡張術も行っております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 124 0.97 4.90 0.00 58.75
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 65 1.43 5.03 0.00 66.31
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 51 0.65 2.49 0.00 67.39
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 41 1.15 10.24 0.00 59.02
K476-31 動脈(皮)・筋(皮)弁を用いた乳房再建術(乳房切除後)(一次的) 34 1.00 15.82 0.00 51.85
乳がんに対する乳房部分切除術及び乳房再建術が上位を占めております。当院では形成外科医と連携して、自家移植またはインプラント治療による同時再建を行うことも可能です。また、消化器外科領域の手術は腹腔鏡下胆嚢摘出術、腹腔鏡下鼡径ヘルニア手術、腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術が続いております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 70 2.53 30.69 1.43 81.16
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 47 2.57 20.30 0.00 64.32
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 41 4.02 34.07 0.00 75.29
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 36 2.89 28.56 5.56 86.11
K0463 骨折観血的手術(鎖骨,膝蓋骨,手(舟状骨を除く),足,指(手,足)その他) 22 1.95 11.86 0.00 62.73
整形外科における手術に関しては、大腿骨や股関節の手術を主として、様々な骨折などの疾患に対して手術を行っております。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 13 0.00 1.00 0.00 71.08
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(肩,上腕,前腕,大腿,下腿,躯幹) 7 1.00 4.29 0.00 66.29
K2193 眼瞼下垂症手術(その他) 6 0.00 1.00 0.00 67.50
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - - - - -
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) - - - - -
形成外科では、眼瞼下垂に関する手術が上位を占めています。また乳癌手術後の乳房再建に対してはシリコンインプラント、若しくは自分の組織を使った再建も行っております。尚、患者数10未満は「-(ハイフン)」を入力しています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 32 0.03 1.03 0.00 78.06
K270 虹彩光凝固術 - - - - -
K279 硝子体切除術 - - - - -
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) - - - - -
- - - - - - -
眼科の手術で最も多いのは、高齢者の方に多い白内障の治療のため、水晶体の代わりに【眼内レンズ】と呼ばれる人工のレンズを挿入する「水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの)」です。手術件数は年間650件を超えており、全診療科の中で最も実績が多いですが、一般病棟外入院が多いため本集計の対象外となり、上記表に件数は記載されておりません。その他、近隣の病院からの紹介も多く、レーザ治療を含む緑内障手術、網膜剥離手術、硝子体手術にも対応しておりますがこちらも本集計の対象外となっております。尚、患者数10未満は「-(ハイフン)」を入力しています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 42 1.00 1.76 0.00 72.95
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) 34 1.00 5.91 0.00 75.06
K834 精索静脈瘤手術 28 1.00 0.96 0.00 35.43
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 15 1.00 1.07 0.00 65.33
K783-3 経尿道的尿管ステント抜去術 14 0.93 1.21 0.00 65.00
泌尿器科では、主に水腎症に対し行う、経尿道的尿管ステント留置術、膀胱がんに対して行う経尿道的膀胱悪性腫瘍手術の他、上部尿路結石に対する治療や精索静脈瘤手術、経尿道的前立腺手術といった男性生殖器を扱った治療も行っております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0.00
異なる 5 0.11
180010 敗血症 同一 5 0.11
異なる 10 0.22
180035 その他の真菌感染症 同一 1 0.02
異なる 2 0.04
180040 手術・処置等の合併症 同一 28 0.60
異なる 4 0.09
当院は、手術や処置などを行う際には合併症を起こさないように細心の注意を払い施行しています。起こり得る合併症については、事前に可能な限り患者さんに説明した上で、手術や処置の施行に同意をいただくよう努めています。
更新履歴
2020/09/30
病院情報の公開をいたしました。