地域の総合病院として
最善の目の治療をご提供しています。

目の病気に幅広く対応できるように心がけ、患者さんの症状に合わせた最善の治療を行っています。また、地域の皆さんが目のことに関して、いつでも安心して相談、受診できる診療科を目指しています。

病気を見逃さないために
少しでも変化があったらご受診ください。

「視力が落ちた」「歪みがある」「目に違和感がある」「目が痛い」、症状がひどくないと感じても思わぬ病気が潜んでいることがあります。目の病気は白内障など主に加齢によるもの、また内科など身体の病気に関連して起こるものなど多岐にわたります。気になる症状があればまずご相談ください。正確な診断と確実な手術、そして患者さんに分かりやすく説明することを大切にして診療にあたっています。また、病状に応じて各種専門病院にもご紹介させていただきます。

診療内容

眼部疾患(ドライアイ・翼状片・霰粒腫・結膜腫瘍など)

涙点プラグ挿入術、翼状片に対する弁移植手術などの手術加療も行っております。

白内障

当院では基本的に1泊2日の入院加療で行っております。

緑内障

眼圧測定、光干渉断層計OCT検査、そしてオクトパス自動視野計、ゴールドマン視野検査を組み合わせ、経過観察していきます。点眼加療のみで難しい方、進行している方には選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)、トラベクトームによる流出路再建術、濾過手術、緑内障治療用インプラント挿入術も対応しております。

網膜硝子体疾患

① 加齢黄斑変性症
② 糖尿病網膜症・糖尿病黄斑症
③ 網膜中心静脈閉塞症・網膜静脈分枝閉鎖症
④ 黄斑上膜・黄斑円孔・黄斑浮腫
⑤ 網膜剥離・網膜裂孔


糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症に対しレーザー治療が必要な場合、マルチカラーレーザー光凝固装置を使用し行います。
加齢黄斑変性症や黄斑浮腫に対し抗血管内皮増殖因子阻害薬の硝子体内注射についても行っております。
上記疾患で内眼部手術の際は、短期入院での25ゲージ極小切開硝子体手術を行っております。患者さんのご希望あればできる限り対応したいと思っております。


平成29年 1月~12月手術実績
手術総件数 906件
・白内障手術  : 630件
・網膜硝子体手術:   25件
・緑内障手術  :   19件

担当医師

樋渡 英二
眼科部長

● 専門分野/ 眼科診療、手術一般、抗VEGF治療療法

・1990年 東海大学医学部卒
・日本眼科学会専門医

中村 麻里
医長

● 専門分野/ 眼科診療、抗VEGF治療療法

・1992年 東海大学医学部医学科卒業
・日本眼科学会専門医

〈その他の担当医〉

保科 真理(非常勤)

星野 正子(非常勤)

大船中央病院ご案内