• 倫理委員会
    大船中央病院

倫理委員会

研究に関する情報公開資料

【目的】

所定の審査を経ることによって、大船中央病院(以下「病院」と言います)において人体を対象とした新しい診療技術の開発・実施を行う場合にその開発・ 実施計画がWHAヘルシンキ宣言の主旨を尊重して医の倫理に基づいて適正に行われることを目的とする。

【審査の対象】

審査は、病院で行われる研究または医療行為に関し、その目的および実施計画などにつき行う。

【審査の基本方針】

審査は、申請に基づき、前条の研究または医療行為の目的および実施計画につき、目的とする倫理的・社会的・科学的観点から行う。

【お問合せ】

下記研究内容に関しましての問い合わせは 総務課:加藤まで(メールはこちら)までご連絡頂くよう宜しくお願い致します。

診療科 研究課題名
消化器・IBDセンター

AI(人工知能)による内視鏡画像自動診断(病変拾い上げ)システムの実証実験

症候性小腸狭窄を有するクローン病患者に対する薬物療法と内視鏡的バルーン拡張術の治療成績について:多施設共同研究

IBDにおけるニューモシスティス肺炎発症患者の実態調査:多施設共同研究

炎症性腸疾患合併症とリスク因子の解析

大船中央病院における医師主導研究の後ろ向き調査について

炎症性腸疾患に対するアダリムマブの投与開始期における治療効果の予測法の検討

放射線治療センター

早期肝細胞癌に対する体幹部定位放射線治療の有用性

大腸癌肝転移高齢患者に対する外科手術とラジオ波焼灼、放射線照射治療との治療成績および高齢者機能評価についての比較検討

早期肺癌に対する手術、体幹部定位放射線治療手引書(shared decision making の手法に則った)作成

肝細胞癌に対する局所治療(ラジオ波穿刺療法、体幹部定位放射線治療)の局所制御率と安全性を比較する後方視的研究

肺癌に対して体幹部定位放射線治療を施行した患者を対象にした局所制御と線量因子の相関についての単施設後ろ向き観察研究

肺癌に対する体幹部定位放射線治療の治療成績と線量との関係についての解析

間質性肺炎を有する肺癌患者に対する体幹部定位放射線治療の治療成績についての解析

肺腫瘤に対する体幹部定位放射線治療後放射線肺臓炎の予後因子解析

早期肺癌に対して手術、体幹部定位放射線治療の両治療を行った患者を対象とするアンケート調査

放射線治療STRSPH試験「初発弧立性肝細胞癌に対する体幹部定位放射線治療の有効性に関する多施設共同試験」プロトコール改訂の承諾許可申請

肝細胞癌に対する体幹部定位放射線治療と陽子線治療後の肝毒性に対する線量体積的比較を行う後方視的研究

肝細胞癌肝内再発に対して複回数施行した体幹部定位放射線治療に関する多施設共同後ろ向き観察研究

非小細胞肺癌 UICC 8th T3-4N0M0に対する体幹部定位放射線治療の治療成績についての単施設後ろ向き観察研究

早期肺癌に対して60%辺縁線量で体幹部定位放射線治療を施行した患者を対象にした治療成績と予後因子についての単施設後ろ向き観察研究

早期肺癌に対して体幹部定位放射線治療を施行した患者を対象にした腫瘍と胸膜の位置関係が治療成績に及ぼす影響についての単施設後ろ向き観察研究

乳腺センター

乳がん検出用血中マイクロRNAマーカーの探索・検証研究

呼吸器病センター

EGFR T790M血漿検査結果提供プログラム

内科

マラリアに対するキニーネ注射薬の薬効・安全性評価研究

その他の審議事項

診療科 申請事項
放射線治療センター

放射線治療患者に対するアンケート調査およびweb掲載許可申請

大船中央病院ご案内

大船中央病院

Tel: 0467-45-2111

予約変更専用ダイヤル

Tel: 0467-50-0311